屋上緑化の維持管理

基本的な維持管理についてお教えします。

維持管理のポイント

1

建物の管理

定期的な点検の確認

建物の定期的な点検はとても大切です。特に漏水事故防止のために排水口やドレンの点検は頻繁に行いドレンの詰まりには注意します。 またドレンが詰まっていなくても床上に枯葉や土壌があると風や雨で詰まりの原因となりますので常に清掃するようにします。

2

緑化施設の管理

灌水装置の確認

緑化施設には灌水装置やパーゴラ、テーブル、ベンチ、土留めなど定期的なメンテナンス管理を必要とします。各施設が確実に作動しているかノズルやフィルターの目詰まりなどないか、配管の亀裂や水漏れがないかなど確認します。灌水の水量間隔は年間通して同じにしないで季節ごとに設定を変えた方が節水になります。

3

植栽の管理

各植栽に合った適切な管理

植栽は種類によって管理が様々ですので各植栽の生育、伸長に合わせた適切な管理が必要となります。樹木については大きくなり過ぎると重量が建物に影響しますので大きくなり過ぎないように定期的な剪定を行うことで生育を抑える抑制管理を行います. また灌水や剪定、施肥、除草、病害虫防除などの作業をご自身で行うときは近隣への配慮が大切です。

1

建物の管理

定期的な点検の確認

建物の定期的な点検はとても大切です。特に漏水事故防止のために排水口やドレンの点検は頻繁に行いドレンの詰まりには注意します。 またドレンが詰まっていなくても床上に枯葉や土壌があると風や雨で詰まりの原因となりますので常に清掃するようにします。

2

緑化施設の管理

灌水装置の確認

緑化施設には灌水装置やパーゴラ、テーブル、ベンチ、土留めなど定期的なメンテナンス管理を必要とします。各施設が確実に作動しているかノズルやフィルターの目詰まりなどないか、配管の亀裂や水漏れがないかなど確認します。灌水の水量間隔は年間通して同じにしないで季節ごとに設定を変えた方が節水になります。

3

植栽の管理

各植栽に合った適切な管理

植栽は種類によって管理が様々ですので各植栽の生育、伸長に合わせた適切な管理が必要となります。樹木については大きくなり過ぎると重量が建物に影響しますので大きくなり過ぎないように定期的な剪定を行うことで生育を抑える抑制管理を行います. また灌水や剪定、施肥、除草、病害虫防除などの作業をご自身で行うときは近隣への配慮が大切です。

年間管理スケジュール例

※植栽の品種によってスケジュールは変わります。

お問い合わせ

有限会社緑清園へのお問い合わせは、下記のフォームをご利用ください。後日、担当者よりご連絡いたします。なお、お急ぎの方はお電話でお問い合わせください。

Copyright © 2021 長崎の屋上緑化・造園・庭園リフォーム施工 有限会社 緑清園 All rights reserved

Scroll to Top